【東京都より「風しん抗体検査受診」のご案内】

    ~ 未来の赤ちゃんを守るために ~
    ・風しんは、風しんウイルスによる感染症で発熱、発疹、リンパ節
     の腫れなどの症状を起こします。
    ・妊娠初期(20週以前)の妊婦に感染すると、お腹の赤ちゃんに
     「先天性風しん症候群」という病気を起こすことがあります。
    ・風しんは、予防することができる感染症です。先ずは、風しん
     の免疫の有無を検査を受けて確認しましょう。

      予防接種担当窓口は こちら から
© 2012-2021一般社団法人東京工業団体連合会 All Rights Reserved.