トップページ > ニュース >障碍者雇用支援「職場内サポーター事業」養成講座のご案内

障碍者雇用支援「職場内サポーター事業」養成講座のご案内

   ・障碍のある社員が長く職場に定着し、かつ貴重な人材として
    活躍するためには、職場における支援を企業自ら行って行くことが必要です。
   ・東京都では、障碍のある社員をサポートする「職場内障碍者サポーター」養成を支援します。

   《 養成講座の概要 》
    日  程  :  随時開催(年間20回程度)
    開催場所  :  大手町 / 立川
    内  容  :  4時間 × 3日間
 1日目⇒障碍者雇用の現状から考える社内支援体制
 2日目⇒障碍特性を踏まえた支援
 3日目⇒現場で活きる実践的支援の習得
    受講要件  :  勤務地が東京都内
 障碍のある社員と原則として同一の事業所に勤務(予定)
 障碍のある社員に対する支援活動を十分に実施できる
    対象障碍  :  身体/知的/精神/発達/難治性疾患/高次脳機能
 (1週間の所定労働時間が20時間以上)

   《 事業の主な流れ 》
    養成講座終了   ⇒     サポーター登録    ⇒    奨励金支給  
           職場内で支援活動(6ヶ月)       (支給要件有り)
           フォローアップ研修4時間
           支援員の訪問サポート
   
    詳細はこちらから(HPをご覧下さい)
© 2012-2017一般社団法人東京工業団体連合会 All Rights Reserved.