HOME >工団連の理念・目標

工団連の理念・目標

都内唯一の「業種を超えた地域工業団体の連合組織」である東京工業団体連合会は、中小企業を取り巻く環境変化に 的確に対応し、「東京の工業の維持・発展」のため、各地域工業団体と連携しながら、「東京のものづくり企業」の支援を 強力に推進していかなければなりません。

工団連は東京都をはじめ関係機関・団体のご支援・ご協力のもと、以下の事業を実施しています。

Ⅰ   一般事業

  • ①産業振興政策に関する建議答申等
    • 1.企業及び会員団体の意見を国政に反映させるため、時宜に応じ必要な建議を行います。
    • 2.東京都が行う産業振興等の各種施策の周知を図るとともに、東京都議会及び東京都関係部局との連携を密にし、各企業経営者等の声を反 映させ、企業経営の改善・技術の振興を図ります。
  • ②政府及び東京都等の中小企業振興対策の普及促進に協力します。
  • ③大学や公設試験研究機関等との連携
  • ④公的融資制度の有効利用を積極的にPRし、その活用を推進します。
  • ⑤東京都中小企業振興公社の相談や助成などの諸事業の周知と連携を図ります。
  • ⑥友好団体との事業協力
  • ⑦男女平等参画のための東京都行動計画等への取り組みの推進
  • ⑧組織の強化充実と財政基盤の確立
    • 1.地域経済活性化のため、地域工業団体との情報交換を行い、組織強化を図ります。
    • 2.事業収益の増加に努めるなど財政基盤の確立に努めます。

Ⅱ   特別事業

  • ①情報の収集・提供
    • 1.機関紙「工団連」の発行
    • 2.ホームページの活用
    • 3.産業見本市への出展
  • ②共済制度(生命・退職金)の拡充強化
  • ③功績顕彰事業
  • ④東京都や団体等の各種審議会・委員会等の委員として積極的に行政に参画、協力していきます。
  • ⑤図書・資料等の作成・配付及びあっせんを行います。

Ⅲ   ものづくり基盤技術強化支援事業の実施(東京都補助事業)

「ものづくり技術を承継する取り組み」、「販路の拡大に向けた取り組み」や「他社の優れた技術と連携して新製品を開発しようとする取り組み」などを  実施する地域工業団体等に対し、それに要する経費を支援します。取組事例は以下のとおりです。

  • ②補助対象:工団連加盟の地域工業団体など
  • ③補助率:2/3
  • ④補助限度額:360万円
  • ⑤取組事例
    • 1.展示会・見本市等の出展・開催
    • 2.先進施設、工場等の見学会 
    • 3.技術セミナー等の開催
    • 4.異業種との連携
    • 5.技術能力評価のための取り組み

Ⅳ   経営に関する指導・研修・相談等(東京都補助事業)

工団連では、東京都の支援を受け、地域団体の会員企業を対象に、経営に関する指導及び研修や相談等を実施しています。

「専門家派遣事業」では、企業自ら解決していくことが困難な課題(会計全般、財務・申告、特許出願、専門技術等)を解決するために、専門家を派遣し、個別に問題解決していくことにより、経営基盤の見直し・強化に繋げていく取り組みを行っています。

また、「依頼試験等助成事業」では、新製品や新技術を開発する際等に必要となる、各種の試験手数料に対する助成事業を実施しています。

  • ①企業経営に関する指導等の実施
  • ②研修会及び相談会の実施
  • ③講演会等の開催
  • ④情報収集・提供事業
  • ⑤専門家派遣事業
  • ⑥依頼試験等助成事業

PAGE TOP

© 2012-2016一般社団法人東京工業団体連合会 All Rights Reserved.